メニュー
モデル
メニュー
Porsche - ポルシェE-パフォーマンスについての6つの事実

ポルシェE-パフォーマンスについての6つの事実

[+]

発明者と勝利者。

1. 電化

フェルディナント・ポルシェ名誉工学博士は、アイススケートに付けるバッテリー作動ライト、自宅の電気照明と電動の呼び鈴、独自の電動自転車のための最初のアイデアなど、人生の早い時期にすでに電気とその可能性に注目していました。エンジニアとして自動車業界に大変革をもたらすよりずっと以前の若い頃から、電気の魅力は彼の心をかき立てました。

[+]

2. 発明者は?

世界初のハイブリッドカーは、ルートヴィッヒ・ローナーと若きフェルディナンド・ポルシェによって、1900年4月14日にパリ万国博覧会で一般公開されました。このローナー・ポルシェと呼ばれる車は、時代に先駆けていただけでなく、現在でもその開発者の才能がはっきりと見てとれます。120年後の今日、かつてないほどに代替のドライブシステムに対する要求が高まっていますが、ポルシェのエンジニアの熱意は以前と変わらず旺盛です。

[+]

3. サーキットへの導入

ポルシェは、2010年に、モータースポーツの歴史を刻む新たな1ページを開始しました。911 GT3 Rハイブリッドは、その際にフェリー・ポルシェが時代を先取りして開発した「ミクステ」のドライブコンセプトを活用しました。リアに搭載した353kW(480PS)の6気筒水平対向エンジンを、75kW(102 PS)を発生するフロントアクスルの2つのエレクトリックモーターが完璧に補完します。制動時にはエレクトリックユニットが機能を逆転してジェネレーターとして働き、熱として失われていた未使用の運動エネルギーを再利用します。これはモータースポーツ史上で初めて次の表現を可能にしました。「ブレーキを制するものが勝利する。」

回生エネルギーは、フロントパッセンジャーエリアに取り付けた追加のエレクトリックモーター(メカニカルフライホイール・エネルギー蓄積システム)に投入されます。そこに蓄えられたエネルギーをドライバーが要求すると、ジェネレーターモードのフライホイールが電磁的に制動されて、フロントアクスルの2つのエレクトリックモーターに電力を供給します。エレクトリックモーターは150kW(204PS)の出力を8秒間追加することができます。つまり、911 GT3 Rハイブリッドは一時的に4輪駆動に変換されます。

[+]
[+]

4. 幸運を呼び込む3台のセット

ポルシェは、パナメーラ ターボS E-ハイブリッド、カイエンS E-ハイブリッド、および918スパイダーの3台のプラグインハイブリッド車を製品レンジに導入した世界初のプレミアムセグメントの自動車メーカーです。

[+]

5.チャレンジトロフィーを永久保持するポルシェ

ポルシェは919ハイブリッドを駆り、2017年のル・マン24時間レースで3連覇を飾ってハットトリックを達成しました。サーキットにおけるこの19回目の総合優勝は特別なものとなりました。世界で最も過酷なレースで3連覇を達成した者は、憧れのチャレンジトロフィーを永久に保持することができます。

[+]

6. 共通の目標

E-モビリティの飛躍的進歩のための決定的な要因のひとつがインフラです。BMWグループ、ダイムラーAG、フォード・モーター・カンパニー、およびアウディとポルシェを含むフォルクスワーゲングループは共同出資会社IONITYを設立して、欧州において、電気自動車用の最も効率的な高速充電ステーションネットワークの建設準備を進めています。2020年までに数千ヶ所の充電施設が設置され、高速で柔軟な充電が可能になります。

E-Performance "Mission"
Mission
E-Performance "Evolution"
Evolution
Mission E Cross Turismo Technology
ジュネーブモーターショー2018における新しいコンセプトスタディモデルのミッションEクロスツーリスモ。
Mission E Cross Turismo Design
新しいコンセプトスタディモデルのミッションEクロスツーリスモのデザイン。