メニュー
モデル
メニュー
Porsche - 走行モード

走行モード

ドライビングの歓びを高め、
エミッションを減らします。

新型パナメーラ E-ハイブリッドモデルでは、モードスイッチとポルシェコミュニケーションマネジメントシステム(PCM)を使用して、走行モードを切り替えます。ドライビングスタイルは完全に自動で制御されます。これにより、いかなる状況においても、革新的な駆動コンセプトがそのポテンシャルを最大限に発揮します。カイエン S E-ハイブリッドの各種運転モードについての詳細は、www.porsche.comまたはカイエンのカタログでご覧いただけます。

[+]

1.E-パワー モード を選択すると、燃料消費ゼロで、周辺に排出するエミッションもゼロの電力のみによる魅力的なドライビング体験が得られます。市街地などでの走行に適します。さらにパワーが必要なときはエンジンが始動します。

[+]

2.ハイブリッドオートモードはシステム全体の効率性を高めるよう設計されています。状況に応じて、例えばカントリーロードを走るときなど、車両は電気モーターまたはエンジン、あるいはその両方で駆動されます。コースティング機能が働くと、エンジンは停止し、エミッションフリーで滑空するように走ります。ブレーキング時には、エネルギー回生機能により制動エネルギーを電力に変換し、それをあとで電動走行に使用することができます。

追い越し時などでは、パフォーマンスとレスポンスが瞬間的に高められます。このブースト時には、電気モーターとエンジンから生み出されるシステム全体のトルクが最大限の推進力を提供します。

[+]

3.ヘアピンカーブ、急勾配のコーナー、曲がりくねった道。スポーツモードでは、ひとつのことが最優先されます。ドライビングプレジャーです。このモードではエンジンによる走行が基本となります。加速時には電気モーターも併用され、最大限のブーストが得られます。

[+]

4.スポーツプラスモードでは、レースサーキットなどにおいて、潜在的なパフォーマンスをフルに享受することができます。エンジンの余力はバッテリーの充電に使われ、これにより最高速度域までブースト機能が利用できます。

Porsche モデル
モデル
E-Performance "Evolution"
Evolution
E-Performance "Mission"
Mission
Porsche ポルシェE-パフォーマンスについての6つの事実
ポルシェE-パフォーマンスについての6つの事実